化学染料は髪を染め上げるうえでダメージは蓄積されやすいのか?

化学染料は髪に良くない?こんなイメージは非常に高いですよね。ダメージが蓄積されやすいような印象が高いしあまり使用したくないのが本音です。私は昔から髪を茶色や金髪に染める時にはセルフカラーで自宅でやることが多くありました。

脱色して袋を頭にかぶって15分くらい待って、その上から色を浸けるためにまたブリーチを浸けていくという作業…そんなことを繰り返していました。

その頃は10代~20代前半だったのであまり気にしてはいなかったのですが、髪ダメージはあまり気にしていなくそんなに影響も「ちょっと髪のボリュームが落ちたなぁ…」くらいにしか感じなかったのですが、やっぱり白髪ができてくるとそうも言ってられなくなり感じ方も変わってきました。

白髪が出来て染めてて思ったこと

同じようにカラー剤の要領で久しぶりに髪を染めました。ほとんど同じですが、脱色は特にしないで2剤で合わせて混ぜてそのまま髪に付着させて染め上げるように色素を綺麗に髪の上に塗るようなやり方なので、ほぼ一緒です。

しかし、髪ダメージはそれとは違い齢を重ねていくと影響を受けやすいようになってきますね。なので、やっぱり選んで使わないと髪にとってはよくないなぁと感じますね。ホントにパッサパサ、バッサバサに髪が変になってくるので恐ろしいです($。$)

なので、私から白髪が初めて出来た時に染める上でアドバイスすることといえば、「安い物はほぼ全て化学染料がバッチリで髪ダメージは非常に強いので、髪が弱い人は使うべきではホントにない!」と思います。ホントに気をつけてください。髪の丈夫な私でさえ、非常に強いダメージを受けるので…。

 

 

>髪が薄い人にも利尻カラーシャンプーは安全か?<

>利尻カラーシャンプーは爪汚れ残る?<

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です